一般社団法人 北海道食産業総合振興機構ホームページ

フード特区機構

解散のお知らせ

北海道食産業総合振興機構(フード特区機構)は2011年12月に内閣府から指定を受けた「北海道・フードコンプレックス国際戦略総合特区(フード特区)」のマネジメント機関として、北海道、札幌市、江別市、函館市、帯広市および北海道経済連合会の産官連携による、2012年3月の設立以来、北海道の食関連産業を国際競争力のある産業にするため、10年間にわたり活動を実施してまいりました。

 

これまでの皆様のご支援のもと、「生産体制の強化」「研究開発拠点の拡充とネットワークの強化」「輸出支援の加速」を重要活動として、「一次産業と企業の連携促進」「食品の高付加価値化への支援」「輸出拡大支援及び輸出業務を担う人材の育成支援」に取り組み、北海道の食関連産業の振興に努めてまいりました。

 

フード特区につきましては、一定の役割を果たしたことから、2022年3月31日をもって活動を終了し、弊機構につきましても同日付けで解散いたしました。

 

フード特区および弊機構の10年間にわたる活動に対しまして、皆様から多大なるご支援ご協力を賜りましたことを厚く御礼申し上げますとともに、今後の北海道の食関連産業の発展と皆様のますますのご興隆を心よりお祈り申し上げます。